IP-PBXの基礎知識

INNOVERA PBX




IP-PBXとは



IP-PBXは、TCP/IPネットワーク上で音声通話システムを利用する際、端末(IP電話機)の回線交換を行う装置やソフトウェアです。既存回線のLANで音声通信が可能なのでシンプルな構成にすることができます。

IP-PBXとビジネスフォンの違い

IP-PBXとは

IP-PBXはIP化された構内電話交換機といい、大規模な事業所、または、複数事業所間で通話する(支店など分散した拠点を持つ)事業所を、主なユーザーとする電話システムです。

  • 中規模~大規模の事業所をターゲットとしている
  • 電話を利用する人が複数の事業所社員に電話をかける場合が多い
  • 社内のどこでも外出中でも、目的の相手を逃さず捕まえたい場合が多い
  • 内線番号を探してかけるのは不便である

ビジネスホンとは

ビジネスホンは、中・小規模な事業所で、かつ、1ヶ所で営業している(支店など分散した拠点を持たない)事業所を、主なユーザーとして考えている電話システムです。

  • 電話を利用する人が見渡せる範囲にいて、電話を取り次ぐ際に声をかけて転送することが多い
  • 夜間・休日の着信に応対することができる
  • 昼間、電話に応答できる人数が少ない

このように利用形態や規模を目安にして、IP-PBXを主装置とする電話機か、ビジネスホンかを選ぶことができます。

転送とは

通話中の呼を他の内線電話機に転送する機能です。他の内線電話等に手動で転送する場合や、不在時に自動で携帯電話等に転送する「不応答転送」等があります。

ブラインド転送とは

ブラインド転送とは直接転送のことです。転送操作で転送先を呼び出した時点で転送者は通話から抜け、転送先が応答すると転送された相手と通話することとなります。
転送する前に転送先となる相手に口頭で転送する旨を伝えられる環境でご利用いただく転送機能です。

保留の違い

保留転送

通話中のコールをいったん保留し別の電話へ転送する機能。転送を行う側が転送先とあらかじめ通話をしてから、転送処理を開始する方法です。
転送先と転送者が通話し要件を伝えた後に、転送者が電話を切ると転送されます。

パーク保留

通話中にパーク転送することにより、任意の電話機からパークに保留されている通話を解除できる機能です。
パーク保留にした場合、保留後の再応答はどの端末からでも可能です。
再応答する方と口頭で保留にした旨を伝えられる環境でご利用いただく保留機能です。

パーク保留とは

パーク保留とは電話中に、ビジネスホンに設定されているパーク保留ボタンを押すと保留され、その電話を再度受けたい電話機から同じ数字のボタンを押すだけで、誰でも電話を取れるようになるサービスのこと。システム全体で共有して利用することになります。
通話中にシステムパーク保留ボタンを押すとボタンに通話が保留されます。

電話帳の違い

WEB上のクラウドで管理するクラウド電話帳、ビジネスホンなどで主装置に接続されている共通の電話帳、各電話機ごとに登録する端末別電話帳などがあります。

クラウド電話帳とは

ビジネス用の連絡先情報をクラウドで管理・共有できるサービスです。電話帳をグループ内で共有し、外出先からでも社内や取引先の連絡先を確認することができます。

CONTACT US


Street address:

〒577-0056
東大阪市長堂1丁目15-3
卯本ビル3F


E-mail:


We Are Social


INNOVERA PBXパンフレット(PDF)

Copyright(C) GA-Pro. All Rights Reserved.